Google

東海大学理学部物理学科素粒子理論・安江研究室  

ホーム 最新情報 サイトマップ

ゼミ

上へ 安江正樹 2004ゼミ 2005ゼミ ゼミ

米国本店

パーツの購入先です

口座もってます

高級ホテル予約(一休)

楽天へどうぞ

ネットでお買い物

 


産地直産・魚介類

PDFファイルの印刷

【学内】PDFファイルリーダーで印刷可能です。PDFファイルでの配布pdfのリンクをクリックしてください。現われる講義録をで印刷してください。

PDFファイル閲覧・印刷にはPDFファイルリーダーが必要です。
無償で使用できる高性能なPDF作成ソフト

プレゼミ(〜2015年度3年次秋学期:)で使用するファイル

  • 第1章 素粒子模型(参照ファイル:prezemi1.pdf
  • 第2章 行列による素粒子変化の記述(参照ファイル:prezemi2.pdf
  • 第3章 ニュートリノ振動:理論(参照ファイル:prezemi3.pdf
  • 第4章 ニュートリノ振動:実験(参照ファイル:prezemi4.pdf
  • 場の理論入門1:量子力学とクライン・ゴルドン方程式(参照ファイル:prezem5.pdf
  • 場の理論入門2:粒子の生成・消滅演算子(参照ファイル:prezemi6.pdf
  • 素粒子の標準模型とヒッグス粒子の役割(参照ファイル:パワーポイント形式 Higgs.pdf
  • 経路積分と量子力学(参照ファイル:path_integral.pdf
ゼミ(〜2015年度4年次)で使用するファイル
  • 第1章 U(N)群・SU(N)群(参照ファイル: zemi1.pdf
    • T.標準模型の素粒子
    • U. N×N行列:U(N)群
    • V.群
    • W. N×N行列:SU(N)群
    • X.N列とN×N行列の素粒子:SU(N)群
    • Y.素粒子の個数と規約表現:SU(N)群
  • 第2章 SU(3)c×SU(2)L×U(1)Y模型(参照ファイル: zemi2.pdf
    • T.SU(2)群と素粒子の電荷
    • U.SU(2)L×U(1)Y
    • V.SU(2)L×U(1)Y群と電磁相互作用
    • W.群と対称性
    • X.SU(2)L×U(1)Yゲージ対称性
    • Y.SU(3)cゲージ対称性
    • Z.Zボゾン
  • 第3章 ヒッグス機構(参照ファイル: zemi3.pdf
    • T.素粒子の質量.
    • U.ヒッグス粒子
    • V.クォークやレプトンの質量生成
    • W.W±・Zボゾンの質量生成
  • 第4章 SU(5)統一模型(参照ファイル: zemi4.pdf
    • T.SU(5)群と5つ子のクォーク・レプトン
    • U.SU(5)ゲージボゾンと電弱相互作用
    • V.SU(5)群と10つ子のクォーク・レプトン
    • W.X・Yゲージボゾン
    • X.クォークがレプトンに転化
    • Y.陽子崩壊.
  • 第5章 太陽ニュートリノ振動(参照ファイル: zemi5.pdf
    • T.太陽ニュートリノ
    • U.電子ニュートリノと太陽内電子群
      • Wボゾンと電子ニュートリノ
      • Zボゾンと電子ニュートリノ
    • V.物質内のニュートリノ振動
    • W.共鳴ニュートリノ振動
  • 第6章 3世代ニュートリノ振動(参照ファイル: zemi6.pdf 準備中
  • 第6章 ヒッグス粒子の現象論(参照ファイル: zemi6.pdf
    ヒッグス・アングレール両博士2013ノーベル物理学賞受賞記念 (南部陽一郎

    • T.ヒッグス量子場
    • U.ヒッグス量子場の雲と質量を持つ素粒子
    • V.ヒッグス粒子の生成・崩壊過程
      • ヒッグス粒子の生成過程
      • ヒッグス粒子の崩壊過程
      • ヒッグス質量の決定方法
      • ヒッグス粒子の観測
  • 第7章 量子力学とディラック方程式(参照ファイル:zemi7.pdf
    • T.クライン・ゴルドン方程式の完全平方化
    • U.3次元ベクトルと行列表示による完全平方化
      • 2行2列表記
      • パウリのスピン行列と3次元ベクトル
      • 2行2列のエネルギーと2行1列の素粒子
    • V.特殊相対論と素粒子(復習)
    • W.4次元ベクトルと行列表示による完全平方化
      • ディラックのガンマ行列と4次元ベクトル
    • X.ディラック方程式
    • Y.クリフォード代数とディラックのガンマ行列
       
  • 第8章 シュレディンガー場の生成消滅(参照ファイル:zemi8.pdf
    • T.運動量を持つ粒子の生成消滅
      • 運動量表示
      • 生成・消滅演算子になるために
    • U.シュレディンガー場
      • 座標変数による記述
      • 量子力学でのデルタ関数
      • 時間変数の導入
      • 交換関係
    • V.シュレディンガー場のエネルギー
      • 3次元部分積分
      • エネルギー
      • 時間に依存するシュレディンガー場とシュレディンガー方程式
         

前へ ホーム 上へ

このWeb サイトではインターネットエクスプローラVer.3.0あるいはそれ以上が推奨です Internet Explorer
この Web サイト(since 1997年12月1日)に関する質問やコメントについては、Mail.gif (4196 バイト)安江 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1997-2016/03 東海大学理学部物理学科安江研究室 All rights reserved
最終更新日: 2016年03月26日
マイクロソフト Front Page98