Google

東海大学理学部物理学科素粒子理論・安江研究室  

ホーム 最新情報 サイトマップ

Visual Windows for TeX

上へ WinFileShuttle Dive into Shortcuts Visual Windows for BC++ Visual Windows for TeX

初めての・・・
履歴
スナップショット
旧バージョン

米国本店

パーツの購入先です

口座もってます

高級ホテル予約(一休)

楽天へどうぞ

ネットでお買い物

 


産地直産・魚介類

English page is HERE

Ver.2019-1.30(2019/11/10更新)

Windows XP/Vista/7/8/8.1/10対応

わかっている不具合追加機能

  • ---

個別更新ファイル: 該当ファイルを置き換えて下さい

  • ---
Windowsの警告 (図はWindows 8の場合)
Windows 8/10 をお使いの場合、ダウンロードした圧縮ファイルに含まれているインストーラーを起動すると
  • WindowsによってPCが保護されました

の警告メッセージが表示される場合があります。その場合は、

  • [詳細説明]をクリック

して表れる

  • [実行]ボタンをクリック

します。

ダウンロードしたファイルを他のフォルダに移動後に実行すると表れないようです。

Nortonでのエラー
Nortonをお使いの場合、SONARが、数多く利用されているファイル以外の実行を阻止します。

この検出から除外するには、「Nortonファイルインサイト」メニューから、ダウンロードしたセットアップファイル(例」vwt12-100S.exe)の「信頼する」の認証をします。

AVASTでのエラー
AVASTをお使いの場合、数多く利用されているファイル以外の実行を阻止します。以下のように誤検知される場合:

あります。この検出から除外するには、

  • ファイルスキャンから除外するリストに追加する

を選択し、

  • 再度インストーラーを実行

して下さい。

Windowsでのエラー
アプリケーションが


VtexwinU.exe
- コンポーネントが見つかりません

VCRUNTIME140.dllが見つからないため、このアプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションをインストールし直すとこの問題は解決する場合があります。

の(或いは、同様の)メッセージが出て実行できない時には 、Microsoft Visual Studio 2017 プログラム の[Visual Studio 2017 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ]から、

  • x86: vc_redist.x86.exe

或は

  • x64: vc_redist.x64.exe

をダウンロードして実行 してください。

更新履歴へ

Visual Windows for Unicode TeX


拡大スナップショットへ

W32TeXインストーラ自動起動


拡大スナップショットへ

開発環境
動作確認
  • Windows 10

TeXエラー

ウィンドウズ上で使用する際には、TeX実行中、エラー発生時にキー入力を求める場合が有りますが、Visual Windows for Unicode TeXでは、これをサポートしていません。そのため、
  • TeX実行を継続 (-interaction=nonstopmode)

のオプションを内部で使用します。

機能など
ここで提供するVisual Windows for Unicode TeXは、W32TeX
  • インストーラでは、W32TeXの自動ダウンロード機能提供

や その他のTeX

  • TeX Live (a comprehensive TeX system with binaries for most flavors of Unix, including GNU/Linux, and also Windows)
  • MiKTeX (an up-to-date TeX implementation for the Windows operating system)

等を用いて、ウィンドウズ環境での統合環境を提供するものです 。TeXのファイルは、

  • プロジェクト

を作成し管理します。プロジェクト自動作成機能では、お手軽作成ができます。例えば、

  • 既存TeXファイルをドロップして開始
  • 新規TeXファイル名を指定して開始
    • LaTeX/xeTeX用サンプル記述を選択可
  • 既存TeXファイルを読み込んで開始
  • 既存のプロジェクトから変更・作成して開始

を利用して 、プロジェクトを自動作成

  • TeXファイルを作成や修正して、DVI作成/PDF作成閲覧

できます。種々の組み込み機能の中で使用できない機能は、その時々に

  • 動的に判断し、メニュー・アイコンを使用不可
にします。そのほか、
  • Dviout/SumatraPDF使用時に、
    • Dviout/SumatraPDFからTeXファイルの該当行へのジャンプ(ダブルクリック
    • TeXファイルからDviout/SumatraPDFの該当行へのジャンプ(Ctrl+ダブルクリック
  • ギリシャ文字・数式・特殊記号等のリスト
  • 書式テンプレートの挿入
  • キーワード入力補完機能
    • \make==>\maketitle等と補完します(Ctrl+→)
    • \記号入力を検知し、キー入力にあわせて補完リストから動的に候補を選択
    • \beg入力を検知し、各種の\begin{}-\end{}対候補を表示
    • $, (, [等の対補完機能
  • 色づけキーワード/ルーラー表示/行番号表示
  • キー設定のカスタマイズ
  • TeXファイル内の\input命令や図などの使用ファイルを抽出しリストアップ
  • キーワードジャンプ:TeXファイル内の・・・
    • 章・節・ラベル等をリストアップし、リストから記述場所へのジャンプ
    • \bibitem-\cite/\label-\refの定義名を抽出しジャンプ
      • [F11]キーで参考文献やラベルの記述箇所にジャンプ。
      • [Shift+F11]キーで、それらの本文中での引用場所にジャンプ。
      • 引き続き[Ctrl+NamPad+]キー/[Ctrl+Alt+→]キーで次の引用場所にジャンプ。
  • TeX実行時の警告やエラーメッセージ発生行、検索語句行へのジャンプ
  • { }や[ ]や( )の対応チェック
  • マウスホイールによるフォントの拡大・縮小
  • 正常の終了ルーチンを経ずに終了した場合の自動復元
  • Visual Windows for Unicode TeX更新の確認
等の機能が利用できます。
W32TeXのインストール
Visual Windows for Unicode TeXのインストーラは「W32TeX」を サイトからダウンロードしてインストールする機能を備えています。W32TeXを準備されていなくても、W32TeXをインストール後にVisual Windows for Unicode TeXをインストールしTeX実行環境作成します。
ネットワーク接続
W32TeXのダウンロード時には、
  • ウインドウズセキュリティセンターのファイヤウオールを通過

できるように設定します

ダウンロード
  • Visual Windows for Unicode TeX: (LaTeX/TeX/PdfLaTeX/PdfTeX/xeLaTeX/xeTeX)
ファイル名 説明
VtexInstU.exe W32TeXインストーラ
VtexwinU.exe Visual Windows for Unicode TeX
VtexextU.exe 関連づけの更新(Windows Viata/7/8/10用)
VtexsetU.exe DVIOUT設定の登録(Windows Viata/7/8/10用)
VtexDDEU.dll DLLファイル(閲覧ソフト通信用)
Vtexw32U.dll DLLファイル(W32TeXファイル解凍補助用)
Vrexwindll.dl DLLファイル(本体補助用)
VtexmesU.dll DLLファイル(固有メッセージ用)
updateU.dll DLLファイル(更新ファイル確認用)
sysdllU.dll DLLファイル(命令用)
sysmesU.dll DLLファイル(メッセージ用)
outconU.exe DOS用ツール実行用
Vtextar.dll DLLファイル(W32TeXファイル解凍用)
Vtexwin.chm ヘルプ
Vtexwin.txt 概略ファイル
psapi.dll DLLファイル(NT4.0用toolhelp)
msvcr80.dlll DLLファイル(98,98SE,Me用)
unzip32.dlll DLLファイル(Dviout Zip/Updated-Vtexwin Zip解凍補助用)
footy2.dll DLLファイル(テキストエディットコントロール)
cancel.sty キャンセルの斜め線
ulem.sty テキストに下線、2重下線、波下線、取消線
mediabb.sty PDF画像のbbファイル作成(xeLaTeX/xeTeX)
glyphlist.txt Adobe Glyph List
現バージョン ( XP/Viata/7/8/8.1/10)
  • 【Windows 8/8.1/10】[WindowsによってPCが保護されました]の 画面が出た場合は、
    • [詳細情報]をクリックし
    • [実行]ボタンをクリックして下さい
  • ノートンファイルインサイト】[ダウンロードインサイト]の画面が出た場合は、
    • [実行する]をクリックする
    或いは
    • その画面を閉じて
      • zipファイルから、実行ファイルを取り出し、
      • 実行ファイルをポイントし
      • 右クリックメニューにあらわれる[ノートンファイルインサイト]から、
      • [今すぐ信頼]して下さい
  • インストーラー[VtexInstU.exe]やTeX統合環境実行ファイル[VtexwinU.exe]は、W32TeXファイルのダウンロードサイトとの通信をしますので、(ノートンなど)のセキュリティーソフトが「有害ファイル」として、隔離・削除する場合があります。その場合は、[オプション]等から、[隔離ファイルの復元]に対応する手続きを取ってください。

Windows XP/Vista/7/8/8.1/10用

Unicode版 2019-1.30 正式版

Share.gif (14997 バイト) vwtUTF819-130S.zip 6966884 バイト 圧縮ZIPファイル(W32TeXセットアップ選択可) Visual Windows for Unicode TeX (LaTeX/TeX/PdfLaTeX/PdfTeX/xeLaTeX/xeTeX等) 19/11/10
含まれるvwtUTF819-130S.exeを(ダブル)クリックして実行
vwtUTF819-130S.exe 7007377 バイト 自己解凍CABファイル セットアップ自動起動
[UpdateUTF8]vwtUTF819-130.zip; 6967482 バイト 圧縮ZIPファイル 自動アップデート用(含まれるvwtUTF819-130.exeを(ダブル)クリックして実行
[UpdateUni]vwtUni19-130.zip; 6967482 バイト 圧縮ZIPファイル
βバージョン

Visual Windows for Unicode TeX

---
修正履歴

年月日

内容(エラー警告追加

修正版

2019/11/10 「LaTeX Warning: Reference」や「Package natbib Warning: Citation」の解消に2回目のTeXが実行されても、「==> [警告検知]」を表示して誤検出する場合がある。

2019-130

1回でもTeX実行すると、VtexWinが非アクティブ表示からフォーカスを戻す場合にエディタ部のフォーカスが戻らないので自動的にキー入力ができない
[最近使ったファイル・フォルダ]メニューが無効化されたままの場合がある。
DVIからPDFに変換中に、希に強制終了する場合がある。
実行中TeXの中止方法の改善

以前の更新履歴

アクセスカウンター(2006年2月15日より)


前へ ホーム 上へ

このWeb サイトではインターネットエクスプローラVer.3.0あるいはそれ以上が推奨です Internet Explorer
この Web サイト(since 1997年12月1日)に関する質問やコメントについては、Mail.gif (4196 バイト)安江 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1997-2019/11 東海大学理学部物理学科安江研究室 All rights reserved
最終更新日: 2019年11月09日
マイクロソフト Front Page98