Google

東海大学理学部物理学科素粒子理論・安江研究室  

ホーム 最新情報 サイトマップ

WinFileShuttle

上へ WinFileShuttle Dive into Shortcuts Visual Windows for BC++ Visual Windows for TeX

修正履歴
スナップショット
学研ムック

米国本店

パーツの購入先です

口座もってます

高級ホテル予約(一休)

楽天へどうぞ

ネットでお買い物

 


産地直産・魚介類

English page is HERE

あなたは、このページへの カウンター 人目の訪問者です(2003年8月20日より)。

ファイル管理ソフト:WinFileShuttle for Windows 98/Me/NT4/2000/XP/Vista/7

2011-1.10(Updated 2011/11/20)

スナップショットへ

WinFileShuttle32 2011-1.10 Updated:201!/10/11
Ver.2011-1.10Windows XP/Vista/7対応(Visual C++ 2008による作成)Windows 98-2000用とWindows XP/Vista/7用同梱)
Norton でのエラー
Nortonをお使いの場合、SONARが、数多く利用されているファイル以外の実行を阻止します。

この検出から除外するには、「Nortonファイルインサイト」メニューから、ダウンロードしたセットアップファイル(例」vwt12-100S.exe)の「信頼する」の認証をします。

Windowsでのエラー
アプリケーションが

の(或いは、同様の)メッセージが出て実行できない時には、「vcredist_x86.exe」をダウンロードして実行 してください。

メニュー
概要
  • 【ソ フ ト名】 ファイルマネージャ WinFileShuttle32 Ver.2011-1.10 for 98/Me/NT 4.0/2000/XP/Vista/7
  • 【登 録 名】 Wfs11-110S.exe (Wfs11-110S+98.exe)
  • 【開 発 者】 安江正樹
  • 【対応 機種】 日本語MS-Windows 98/Me/NT 4.0/2000/XP/Vista/7 の動作するパソコン
  • 【動作 確認】 Windows XP/Vista,/7 (Windows 98/Me/NT 4.0/2000)
    • 自作Core2Duo E6420機(ASUS P5B+玄人志向 GF-7600GT)
  • 【動作 環境】 日本語MS-Windows 98/Me/NT 4.0/2000/XP/Vista/7
  • 【開発 言語】 Microsoft社 Visual Studio 2008 (Visual C++ 6.0)
  • 【必要DLL】 自動設定ツールのサイト
圧縮解凍用UNLHA32.DLL, UNZIP32.DLL, ZIP32J.DLL(+IZIP32.DLL+SFX32GUI.DAT), ISH32.DLL, CAB32.DLL, TAR32.DLL, UNARJ32.DLL
ウィンドウズ版LHA 圧縮・解凍 UNLHA32.DLL(自己解凍作成可)
  ウィンドウズ版ZIP 圧縮 ZIP32J.DLL+IZIP32J.DLL(+SFX32GUI.DAT:自己解凍作成)
解凍 UNZIP32.DLL
  ウィンドウズ版ISH 圧縮・解凍 ISH32.DLL
  ウィンドウズ版CAB 圧縮・解凍 CAB32.DLL(自己解凍作成可)
  ウィンドウズ版TAR 圧縮・解凍 TAR32.DLL(+KMTARSEF.EXE:自己解凍作成)
  ウィンドウズ版ARJ 解凍 UNARJ32J.DLL
  • 【作成 方法】 Wfs10-100SS.exeを実行。自己解凍後、起動されるセットアップに従う。
  • 【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
  • 【ファイル】
    WINFS32.EXE WinFileShuttle32実行本体
    WINFS32.DLL WinFileShuttle32実行DLL
    WINFSMES.DLL WinFileShuttle32メッセージDLL
    WINFS32.HLP WinFileShuttleヘルプファイル
    WINFS32.CHM WinFileShuttleヘルプファイル
    WINFS32.CNT ヘルプファイルの目次設定用
    WINFS32.TXT 概略説明ファイル
    WINFSRBT.EXE ウインドウズの再起動用(Windows 9xのみ)
  • 【インストール方法】
    Wfs07-120S.exeを実行し、自己解凍後、起動されるセットアップに従ってインストールします。
  • 【アンインストール方法】(手動削除)
    コントロールパネル内の「アプリケーションの追加と削除」「セットアップと削除」で「WinFileShuttle32」を選択してアンインストールを実行して下さい。
    ☆気になる方は「Regedit.exe」を起動し[HKEY_CURRENT_USER−Software−Yasue]で[Yasue]を削除して下さい。
  • 【使用方法】
    プログラムフォルダ「WinFileShuttle32」内の「WinFileShuttle」をダブルクリックします。詳細に関しては「使用法」をダブルクリックしてください。WINFS32.HLPが開きます。
メニューに戻る
WinFileShuttle32

試用してみたい方は「Wfs11-110S.zip」をダウンロードしてください。

2011-1.10正式版(Windows 98-2000用とWindows XP/Vista/7用同梱)

Share.gif (14997 バイト) Wfs11-110S.zip 2728387バイト 圧縮ZIP

含まれるWfs11-110S.exe(Wfs11-110+98S.exe)を(ダブル)クリックして実行

11/11/20
  [Update]Wfs11-110S+7.zip; 1700396バイト 圧縮ZIP 含まれるWfs11-110S.exeを(ダブル)クリックして実行
[Update98]Wfs11-110S+98.zip; 1027975バイト 圧縮ZIP 含まれるWfs11-110+98S.exeを(ダブル)クリックして実行

次期バージョン開発途中最新版

公開する前の開発途中版を試用できます。各自の責任でアップデートしてください。説明書はありません。

- - -

Share.gif (14997 バイト)   バイト 自己解凍CAB セットアップ自動起動
Windows Vista対応
---

手動削除

都合により、削除する際に、ウィンドウ提供の削除機能:「プログラムの追加と削除」(のような)メニューから実行できないときは、こちら(uninstall.pdf)参考にすれば手動で削除できます。閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要になります。適宜、Adobeのサイトからインストールしてください。

ネットワークドライブ指定方法

WINFS32 \:\WORKGROUP\PC2000\ABC
WINDOWS \\PC2000\ABC
■\:\WORKGROUP\PC2000\ABCのように、ドメイン名(WORKGROUP)を指定します。ドメイン名を指定せずに、\\PC2000\ABCの形式でも動作します 。
直接指定は止めて、できるだけWINFS32で辿ってください。
■最初の検索時のみネットワーク上を探し、ドメイン名とコンピュータ名をキャッシュに格納します。以降、キャッシュから探します。見つからない時には、再度、ネットワーク上を探します。
■キャッシュを更新するには、メニューの「フォルダ」の「ネットワークドライブ」 の「リスト更新」を実行します。
(*)自動実行差分ファイル作成には「WSP version 1.50 小さな差分作成・更新プログラム copyright (C) amaproワキチ 1992-93」を使用しています。
メニューに戻る
修正履歴
  • 要望」のある方や「おかしな振る舞い」を見つけられた方は安江までご連絡下さい。できる限り対処いたします。

2011/11/20

【修正】2011-1.10

[ファイル検索・削除]にて、ファイル名の検索や置換時に大・小区別が無効になっている。

[ネットワークフォルダ移動時に移動に失敗したとき、正しいアイコンが表示されるない。

10/11

【修正】2011-1.00

いくつかの不具合の修正

以前の修正履歴

メニューに戻る


ホーム 上へ 次へ

このWeb サイトではインターネットエクスプローラVer.3.0あるいはそれ以上が推奨です Internet Explorer
この Web サイト(since 1997年12月1日)に関する質問やコメントについては、Mail.gif (4196 バイト)安江 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1997-2017/03 東海大学理学部物理学科安江研究室 All rights reserved
最終更新日: 2017年03月25日
マイクロソフト Front Page98