Google

東海大学理学部物理学科素粒子理論・安江研究室  

ホーム 最新情報 サイトマップ

初めての・・・

上へ 初めての・・・ 履歴 スナップショット 旧バージョン

English page is HERE

最初の起動時

画面

IntelliSence:「\beg」と入力すると、キーワード一覧がリストされるので、選択できます。
\begin{abstruct}-\end{abstract}対が完成します 。

IntelliSence:「\right」と入力し、[Ctrl+→]で、キーワード一覧がリストされるので、選択できます。
下部リストには、\rightで始まるキーワードがリストされます。

[マウスウィールの回転/Ctrl+Shift+<,>]でフォントサイズの変更ができます。

TeXの実行

TeX実行すると、下部にTeX出力が表示され・・・

エラー無くTeX実行が終了すると、PDFファイルが 右側に整列表示されます。
整列表示させない場合は、メニュー[ウィンドウ]-[整列オプション]でチェックを外します。
エディタと閲覧ソフトの間に空白が現れる場合も、間隔の調整ができます。

[Ctrl+0(ゼロ)]でTeX出力確認

[Ctrl+M]でエディタ領域が最大化されます。
[Ctrl+W]でウィンドウズのタイトル表示します。

自分のTeXファイルの利用

自分のTeXファイル(例:report.tex)を外部からドロップし、「プロジェクト作成」を選択・・・

「report」プロジェクトが作成されます。以降、適宜TeX実行・・・

プロジェクトの無い時

プロジェクトの無い状態で・・・

右クリックメニュー[例文: TeX作成]を選択すると・・・

画面にLaTeXのテンプレートが・・・

TeX実行すると、ファイル名を記入するダイアログが現れる(exampleと入れてみました)

[example-]プロジェクトが作成され、TeX実行が終了し、PDFファイルが 右側に整列表示されます。
[Ctrl+0(ゼロ)]でTeX出力確認 した状態

エラー発生時の処理

\bet」 と記述 し、[Ctrl+→]で・・・キーワード入力補完機能が現れ・・・

\beta」になります

このまま、TeX実行するとエラーが・・・「F4」を押すと・・・

エラー発生箇所の「\beta」の 行にジャンプします


ホーム 上へ 次へ

このWeb サイトではインターネットエクスプローラVer.3.0あるいはそれ以上が推奨です Internet Explorer
この Web サイト(since 1997年12月1日)に関する質問やコメントについては、Mail.gif (4196 バイト)安江 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1997-2018/12 東海大学理学部物理学科安江研究室 All rights reserved
最終更新日: 2018年12月09日
マイクロソフト Front Page98