Google

東海大学理学部物理学科素粒子理論・安江研究室  

ホーム 最新情報 サイトマップ

作成

上へ 始まり 準備 登録 作成 初期設定 メッセージ処理 画面出現 画面描画 メッセージ送信機能 終了処理 登録抹消 詳細説明

【4】 画面を作成する:CreateWindow関数を使用

HWND CreateWindow(LPCTSTR lpClassName, LPCTSTR lpWindowName, DWORD dwStyle, INT x, INT y, INT nWidth, INT nHeight, HWND hWndParent, HMENU hMenu, HANDLE hInstance, LPVOID lpParam);

ウィンドウズが作成されると、固有のウィンドウ名札が与えられます。これを、ウィンドウズハンドルといい、HWNDで管理されます。CreateWindowsはその値を返します。以降、この値で管理します。

ウィンドウのシステム名札(hInstance)に幾つかのウィンドウ名札(hWnd)が対応します

  • lpClassName = "My Soft"; wndclass.lpszClassNameで使った名前
  • lpWindowName = "First My WindowsApplication"; ウィンドウズのタイトル名:好きにして
  • dwStyle = WS_OVERLAPPEDWINDOW; どんな振る舞いをするウィンドウズか?
  • x = CW_USEDEFAULT; 表示画面のx座標 通常はCW_USEDEFAULT を使う
  • y = CW_USEDEFAULT; 表示画面のx座標 通常はCW_USEDEFAULT を使う
  • nWidth = CW_USEDEFAULT; 表示画面の幅 通常はCW_USEDEFAULTを使う
  • nHeight = CW_USEDEFAULT; 表示画面の高さ 通常はCW_USEDEFAULTを使う
  • hWndParent = 0; すでに「自分で作ったウィンドウズ」があってそのウィンドウズからポップアップかで呼び出されるとき、すでにある「自分で作ったウィンドウズ」の分類番号(HWNDで指定される)。今は無いので0に
  • hMenu = NULL; メニュー用:クラスメニューが指定されている場合は、NULL で構いません
  • hInstance = hInst; wndclass.hInstanceで使ったもの
  • lpParam = NULL; CREATESTRUCT 構造体へのポインタを指定します。後でここで使用した値を使いたいときに指定します。通常NULLで構いません
目次へ戻る

前へ ホーム 上へ 次へ

このWeb サイトではインターネットエクスプローラVer.3.0あるいはそれ以上が推奨です Internet Explorer
この Web サイト(since 1997年12月1日)に関する質問やコメントについては、Mail.gif (4196 バイト)安江 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1997-2015/01 東海大学理学部物理学科安江研究室 All rights reserved
最終更新日: 2015年01月27日
マイクロソフト Front Page98