Google

東海大学理学部物理学科素粒子理論・安江研究室  

ホーム 最新情報 サイトマップ

準備

上へ 始まり 準備 登録 作成 初期設定 メッセージ処理 画面出現 画面描画 メッセージ送信機能 終了処理 登録抹消 詳細説明

【2】 画面(ウィンドウズ)を作る準備:構造体のWNDCLASSで指定

WNDCLASS wndclass;

  • memset(&wndclass, 0x00, sizeof(WNDCLASS)); まず全部0に初期化します
  • wndclass.style = CS_DBLCLKS; ダブルクリックを受けつける
  • wndclass.lpfnWndProc = MainWndProc; これが本体です決められた引数を持ちます
  • wndclass.cbClsExtra = 0; 通常ゼロに
  • wndclass.cbWndExtra = 0; 通常ゼロに
  • wndclass.hInstance = hInstance; 作成するウィンドウを支配するモジュールの名札:WinMainの第一引数です
  • wndclass.hIcon = LoadIcon(NULL, IDI_WINLOGO); ウィンドウズで表示されるアイコンです
  • wndclass.hCursor = LoadCursor(NULL, IDC_ARROW); カーソルです:好きなカーソルを作って指定できます
  • wndclass.hbrBackground = GetStockObject(WHITE_BRUSH); 画面の背景色です
  • wndclass.lpszMenuName = "My Soft"; クラスメニュー:どういう名前でもよい
  • wndclass.lpszClassName = "My Soft"; クラス名前:どういう名前でもよい(後で使用)

CreateSolidBrush関数を使うと画面の背景色(wndclass.hbrBackground)を好きな色に設定できます。

目次へ戻る

前へ ホーム 上へ 次へ

このWeb サイトではインターネットエクスプローラVer.3.0あるいはそれ以上が推奨です Internet Explorer
この Web サイト(since 1997年12月1日)に関する質問やコメントについては、Mail.gif (4196 バイト)安江 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1997-2015/01 東海大学理学部物理学科安江研究室 All rights reserved
最終更新日: 2015年01月27日
マイクロソフト Front Page98