Google

東海大学理学部物理学科素粒子理論・安江研究室  

ホーム 最新情報 サイトマップ

長方形領域

上へ ウィンドウズ カーソル メッセージの種類 描画・色 長方形領域 文字情報 時間 仮想キーコード

RECT

長方形を指定する構造体RECTです:

  • LPRECTRECT FAR * (Win16);RECT * (Win32)
  • RECT rc; ⇒ LPRECT lprc = &rc;
typedef struct _RECT {
LONG left;
LONG top;
LONG right
LONG bottom;
} RECT;

RECTを設定するにはSetRect関数を使います。

BOOL SetRect(LPRECT lprc, INT xLeft, INT yTop, INT xRight, INT yBottom);

  • lprc:設定するRECT変数のアドレスを指定します
  • xLeft:左上のx座標
  • yTop:左上のy座標
  • xRight:右下のx座標
  • yBottom:右下のy座標

使用例

RECT rc;
SetRect(&rc, 10, 20, 300, 400);

BOOL GetClientRect(HWND hWnd, LPRECT lpRect)

ウィンドウズのタイトルバーや外枠を除いた長方形領域(ClientRect)の左上と右下の座標を得ます。

  • hWnd:長方形領域を取得したいウィンドウズの名札
  • lpRect:ウィンドウズのタイトルバーや外枠を除いた四角領域用変数のアドレスここに領域がセットされる

ウィンドウズのタイトルバーや外枠を含んだ長方形領域(WindowRect)の左上と右下の座標を得るにはGetWindowRect関数を用います。

BOOL GetWindowRect(HWND hWnd, LPRECT lpRect)

欲しいClientRectを指定してWindowRectを計算するにはAdjustWindowRect関数を使います。

BOOL AdjustWindowRect(LPRECT lpRect, DWORD dwStyle, BOOL bMenu)

  • lpRect:ClientRectを与えると対応するWindowRectが得られる。どのような種類のウィンドウズかは、dwStyleに指定する
  • dwStyle:ウィンドウズの種類
  • bMenu:ウィンドウズがメニューを持っている(bMenu=TRUE)かいないか(bMenu=FALSE)

使用例

RECT rc;
DWORD dwstyle = DS_MODALFRAME | WS_MAXIMIZEBOX | WS_POPUP | WS_VISIBLE | WS_CAPTION | WS_SYSMENU | WS_THICKFRAME
SetRect(&rc, 100, 100, 300, 500);
AdjustWindowRect(&rc, dwstyle, FALSE);
// rcに計算された結果が入る
 

前へ ホーム 上へ 次へ

このWeb サイトではインターネットエクスプローラVer.3.0あるいはそれ以上が推奨です Internet Explorer
この Web サイト(since 1997年12月1日)に関する質問やコメントについては、Mail.gif (4196 バイト)安江 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1997-2015/01 東海大学理学部物理学科安江研究室 All rights reserved
最終更新日: 2015年01月27日
マイクロソフト Front Page98